10 2019/11 12
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Click セミナー
2016年度
2019  2018  2017  2015  2014  2013  2012  2011  2010  ALL 

Journal Papers

Iku Ohama, Hiromi Iida, Takuya Kida, and Hiroki Arimura 
The Relevance Dependent Infinite Relation Model for Discovering Co-Cluster Structure from Relationships with Structured Noise, IEICE Trans. Inf. and Syst., Vol.E99-D, No.4, 2016年04月

Shuhei Denzumi, Ryo Yoshinaka, Hiroki Arimura and Shin-ichi Minato 
Sequence Binary Decision Diagram: Minimization, Relation-ship to Acyclic Automata, and Complexities of Boolean Set Operations, Journal of Discrete Applied Mathematics, Vol. 212, pp. 61-80, 2016年10月

Satoshi Hara, Takafumi Ono, Ryo Okamoto, Takashi Washio, and ShigekiTakeuchi 
Quantumstate anomaly detection for arbitrary errors using a machine-learning technique, Phys. Rev. A94, 04234, 28, 2016年10月

Shuhei Denzumi, Ryo Yoshinaka, Hiroki Arimura, and Shin-ichi Minato 
Sequence Binary Decision Diagram: Minimization, Relationship to Acyclic Automata, and Complexities of Boolean Set Operations, Discrete Applied Mathematics, Vol.212, pp.61-80, 2016doi:10.1016/j.dam.2014.11.022, 2016年10月

Mayumbo Nyirenda, Ryosuke Omori, Heidi L. Tessmer, Hiroki Arimura, Kimihito Ito 
Estimating the Lineage Dynamics of Human Influenza B Viruses, PLoS ONE 11(11): e0166107, 2016. doi:10.1371/journal. pone. 0166107, 2016年11月

Yuji Takenobu, Norihito Yasuda, Shunsuke Kawano, Yasuhiro Hayashi, and Shin-ichi Minato 
Evaluation of Annual Energy Loss Reduction Based on Reconfiguration Scheduling, IEEE Trans. Smart Grid, DOI 1109/TSG.2016.2604922, 2017年03月

Refereed Conference

Mathieu Blondel, Akinori Fujino, Naonori Ueda, Masakazu Ishihata 
Higher-order Factorization Machines, The Thirtieth Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS2016), 3351-3359, 2016年11月

Mathieu Blondel, Masakazu Ishihata, Akinori Fujino, Naonori Ueda 
Polynomial Networks and Factorization Machines: New Insights and Efficient Training Algorithms, The 33rd International Conference on Machine Learning (ICML 2016), 850-858, 2016年06月

Hirofumi Suzuki, Hao Sun, Shin-ichi Minato 
Generating All Solutions of Minesweeper Problem Using Degree Constrained , PDPTA'16 Workshop on Mathematical Modeling and Problem Solving (MPS109), 2016年07月

Reona Minoda, Yuzuru Tanaka, Shin-ichi Minato 
Verifying Scenarios of Proximity-based Federations among Smart Objects through Model Checking, The Tenth International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies (UBICOMM2016), 2016年10月

Robert Wille, Nils Quetschlich, Yuma Inoue, Norihito Yasuda, and Shin-Ichi Minato 
Using piDDs for Nearest Neighbor Optimization of Quantum Circuits, Reversible Computation 2016, 2016年07月

Jun Kawahara, Takashi Horiyama, Keisuke Hotta, and Shin-ichi Minato 
Generating All Patterns of Graph Partitions within a Disparity Bound, In Proceedings of the 11th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2017), vol. 10167, pp. 119--131, 2017年03月

A. Terada, D.A. duVerle and K. Tsuda 
Significant Pattern Mining with Confounding Variables, 20th Pacific Asia Conference on KnowledgeDiscovery and Data Mining (PAKDD), pp. 277-289, 2016年04月

Yuji Takenobu, Shunsuke Kawano, Yasuhiro Hayashi, Norihito Yasuda, andShin-ichi Minat 
Maximizing Hosting Capacity of Distributed Generation by Network Reconfiguration in Distribution System, In Proc. of 19th Power Systems Computation Conference (PSCC 2016), pp. 1-7,, 2016年06月

Takuya Takagi, Shunsuke Inenaga and Hiroki Arimura 
Fully-online construction of suffix trees for multiple texts, Proc. the 27th Annual Symposium on Combinatorial Pattern Matching (CPM’16), Leibniz International Proceedings in Informatics (LIPIcs), Vol.54, pp.22:1–22:13, DROPS, 2016Tel Aviv, Israe , 2016年06月

Patrick Blbaum, Shohei Shimizu, Takashi Washio 
Error Asymmetry in Causal and Anticausal Regression, Workshop on Statistical Causal Inference and its Applications to Genetics (CRM) 26. July, 2016, Montreal, Canada, 2016年07月

M. Sugiyama, H. Nakahara and K. Tsuda 
Information Decomposition on Structured Space, 2016 IEEE International Symposium on Information Theory, pages 575-579, 2016年07月

Takuya Takagi, Shunsuke Inenaga, Kunihiko Sadakane, Hiroki Arimura 
Packed Compact Tries:A Fast and Efficient Data Structure for Online String Processing, Proc. 27th International Workshop on Combinatorial Algorithm, LNCS, Vol.9843, Springer, 2016. Helsinki, Finland, 2016年08月

Mayumbo Nyirenda, Hiroki Arimura, Kimihito Ito 
Relaxing the data access bottleneck of geographic big-data analytics applications using distributed quad trees, Proc. 5th International Conference on Multimedia Computing and Systems (ICMCS’16), ID-111, IEEE, Marrakech, Morocco, 2016年09月

Robert Wille, Nils Quetschlich, Yuma Inoue, Norihito Yasuda, and Shin-ichi Minato 
Using PiDDs for Nearest Neighbor Optimization of Quantum Circuits, In Proc. of the 8th International Conference on Reversible Computation (RC 2016), (LNCS 9720, Springer), pp. 181-196, 2016年10月

Baba, Y. and Sugiyama, M. and Washio, T. 
Finding Combinations of Binary Variables with Guaranteed Accuracy, Proceedings of NIPS 2016 Workshop on Adaptive and Scalable Nonparametric Methods in Machine Learning, page 5, 2016年12月

Reona Minoda, Yuzuru Tanaka, Shin-ichi Minato 
Verifying Scenarios of Proximity-based Federations among Smart Objects through Model Checking and Its Advantages, The Tenth International Conference on Mobile Ubiquitous Computing, Systems, Services and Technologies (UBICOMM2016), 65-71, 2016年12月

Mathieu Blondel, Akinori Fujino, Naonori Ueda, Masakazu Ishihata 
Higher-order Factorization Machines, The Thirtieth Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS2016), 3351-3359, 2016年11月

Masaaki Nishino, Norihito Yasuda, Shin-ichi Minato and Masaaki Nagata 
Dancing with Decision Diagrams: A Combined Approach to Exact Cover, In Proc. of the 31st AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI2017), pp. 868-874, 2017年02月

Masaaki Nishino, Norihito Yasuda, Shin-ichi Minato and Masaaki Nagata 
Compiling Graph Substructures into Sentential Decision Diagrams, In Proc. of the 31st AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI2017), pp. 1213-1221, 2017年02月

Fumito Takeuchi, Masaaki Nishino, Norihito Yasuda, Takuya Akiba,Shin-Ichi Minato and Masaaki Nagata 
BDD-Constrained A* Search: A Fast Method for Solving Constrained DAG Shortest-Path Problems, In Proc. Of AAAI-17 Workshop on Symbolic Inference and Optimiza-tion (SymInfOpt-2017)AAAI Publications, Workshops at the Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence, 2017年02月

Conference

井上祐馬, 湊 真一 
複数の順列に共通して現れるパターンの列挙法, 第79回情報処理学会全国大会, 2017年03月

湊 真一 
離散構造処理系プロジェクトと超高速グラフ列挙技法 (企画セッション「超高速グラフ列挙法と統計学への応用」), 016年度 統計学会連合大会講演報告集,pp.144, 2016年09月

湊 真一 
離散構造処理系に関する最近の研究と今後の展望, 電子情報通信学会2016ソサイエティ大会,AI-2-2,基礎・境界/NOLTA講演論文集,pp.SS-23, 2016年09月

湊 真一 
Recent Research Topics and Future Perspectives on BDD/ZDD-Based Discrete Structure Manipulation, In Proc. of the11th International Workshop on Information Search Integration and Personalization (ISIP2016), 2016年11月

湊 真一 
基盤(S)離散構造処理系プロジェクト紹介 プロジェクトの近況と今後の展望, 情報系WinterFestaEpisode2, 主催:JSTERATO河原林巨大グラフプロジェクト, 一橋講堂2F中会議場, 2016年12月

湊 真一 
ACT-I「情報と未来」への期待, 情報系WinterFestaEpisode2, 主催:JSTERATO河原林巨大グラフプロジェクト, 一橋講堂2F中会議場, 2016年12月

湊 真一 
深さ優先フロンティア法の実装, 第25回列挙アルゴリズムセミナー,群馬大学伊香保研修所, 2017年02月

湊 真一 
JST ERATO 湊離散構造処理系プロジェクトの成果とその後の取り組み, ビッグデータ分析技術ワークショップ ~大規模グラフマイニング技術と応用~, 主催:NTTソフトウェアイノーションセンタ 協賛:電子情報通信学会データ工学研究専門委員会, 高山市民文化会館, 2017年03月

和佐州洋, 石畠正和, 宇野毅明, 湊真一 
列挙木とMCMCを組み合わせた部分グラフサンプリングアルゴリズムの構築, 人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集, SIG-FPAI-B504, pp. 35-40, 2016年08月

石畠正和, 岩田具治 
Grouped Bayesian Network: より細かな独立性を考慮した確率モデリング, 第30回人工知能学会全国大会, 2016年06月

鈴木浩史,孫浩,湊真一 
BDD/ZDD を用いたマインスイーパーの爆弾配置パタンの列挙, 第30回人工知能学会全国大会, 2016年06月

鈴木浩史,湊真一 
ZDD を用いたグラフ列挙索引化における頂点インデックスの追加, 人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集 SIG-FPAI-B504, pp. 41-46, 2016年08月

蓑田 玲緒奈, 湊 真一 
モデル検査によるSmart Objectの近傍近接連携モデルの検証, 人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集, SIG-FPAI-101-B504, pp. 7-14, 2016年08月

竹内文登、西野正彬、安田宜仁、湊真一 
制約付き系列ラベリングの高速解法, 第30回人工知能学会全国大会, 2016年06月

井上 祐馬, 湊 真一 
順列のサイクルタイプ同値類分割に対する順列決定グラフの適用, 人工知能学会 第101回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集 SIG-FPAI-B504, pp. 47-52, 2016年08月

井上 祐馬, 鈴木 浩史, 伊藤 華, 湊 真一 
グラフの部分構造を列挙するZDD構築のための変数順序付けヒューリスティクス, 第30回人工知能学会全国大会, 2016年06月

石畠正和, 小宮山純平, 馬場雪乃 
比較バンディットアルゴリズムを用いたクラウドソーシングにおける品質・コストトレードオフの自動調整, 人工知能学会 第102回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集, SIG-FPAI-B505, pp. 41-47, 2016年12月

Kazuhiro Kurita, Kunihiro Wasa, Takeaki Uno, Hiroki Arimura 
Efficient Enumeration of Induced Matchings in Graphs without Short Cycles, Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games 2016(JCDCG3 2016), Tokyo, Japan, 2016年09月

栗田 和宏, 和佐 州洋, 喜田 拓也, 有村 博紀 
グラフに含まれる誘導マッチングの列挙,  第157回アルゴリズム研究会, 2017年03月

渡辺 僚・小宮山 純平・中村 篤祥・工藤 峰一 
確率的コストを伴う予算制約つき多腕バンディット問題に対する漸近最適方策, 情報処理北海道シンポジウム2016, 北海道釧路市, 2016年10月

Gao Shan, Masakazu Ishihata, Shin-ichi Minato 
Separate Compilation of Bayesian Networks for Efficient Exact Inference, 人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI) 予稿集, SIG-FPAI-B506, pp. 37-44, 2017年03月

Shin-ichiMinato 
Power of Enumeration-BDD/ZDD-Based Techniques for Discrete Structure Manipulation, In Proc. of IEEE 46th International Symposium on Multiple-Valued Logic (IS-MVL2016), pp.143, 2016年05月

安田宜仁,西野正彬,湊真一 
ZDDを用いた多次元ナップサック問題の厳密解法, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),1F3-3,北九州国際会議場31会議室, 2016年06月

川原純,堀山貴史,堀田敬介,湊真一 
一票の格差が小さな選挙区の列挙(企画セッション「超高速グラフ列挙法と統計学への応用」), 2016年度 統計学会連合大会講演報告集,pp.146,, 2016年09月

石丸亮,青木洋士,湊 真一 
グラフウォークを列挙する系列二分決定グラフの高速な生成法に関する実験と評価, 第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016),A-009,第1分冊,pp.101-102, 2016年09月

鈴木慶介,今井英幸,張若霓,瀧川一学,湊 真一 
平行移動不変な非負値行列因子分解とその分析, 第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016),F-004,第2分冊,pp.175-176, 2016年09月

林大祐,羽室行信,岡田克彦,湊真一 
株価データベースに対する週次パタンマイニングとその評価, 第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016),F-032,第2分冊,pp.241-242, 2016年09月

Yuma Inoue and Shin-ichi Minato 
Acceleration of ZDD Construction for Subgraph Enumeration via Path-width Optimization, Hokkaido University, Division of Computer Science, TCS Technical Reports, TCS-TR-A-16-8, 2016年10月

石畠正和,小宮山純平,馬場雪乃 
比較バンディットアルゴリズムを用いたクラウドソーシングにおける品質・コストトレードオフの自動調整, 人工知能学会 第102回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)予稿集, SIG-FPAI-B505, pp.41-47, 2016年12月

長部 和仁,宇野 毅明,有村 博紀 
アイテム集合列挙に基づく最適な順序付き決定木の高速発見, 第102回人工知能基本問題研究会,人工知能学会,JR博多シティ 福岡市, 2016年12月

栗田 和宏,和佐 州洋,宇野 毅明,有村 博紀 
長さ4の閉路を含まないグラフ誘導マッチングのならし定数時間列挙, 京都大学数理解析研究所RIMS研究集会「理論計算機科学の最先端」(冬のLAシンポジウム), 京都大学 数理解析研究所, 2017年02月

高サン,石畠正和,湊 真一 
Separate Compilation of Bayesian Networks for Efficient Exact Inference, 人工知能学会第103回人工知能基本問題研究会資料, SIG-FPAI-B506-08, pp.37-44, 2017年03月

竹内文登, 安田宜仁, 西野正彬, 湊真一 
論理制約を伴う最短路問題を解く動的計画法の空間計算量の削減, 情報処理学会第79回全国大会, 3H-02, 名古屋大学東山キャンパス3H会場, 2017年03月

鈴木浩史, 湊真一 
ZDDを用いた0-1多目的ナップサック問題のパレート解列挙, 情報処理学会第79回全国大会, 5A-04, 名古屋大学東山キャンパス5A会場, 2017年03月

井上祐馬, 湊真一 
複数の順列に共通して現れるパターンの列挙法, 情報処理学会第79回全国大会,5A-05,名古屋大学東山キャンパス5A会場, 2017年03月

鈴木 浩史, 湊 真一 
ZDDを用いた0-1ナップサック問題のパレート解列挙, 情報処理学会情報処理学会第79回全国大会, 5A-04, Vol.1, pp.181-182 (InformationProcessingSocietyofJapan), 2017年03月

佐々木耀一,渋谷 哲朗,大森 亮介,伊藤 公人,有村 博紀 
正規化ハミング距離を用いた三次元点集合マッチングの高速化とインフルエンザウイルス解析への応用, 情報処理学会第79回全国大会、名古屋大学, 2017年03月

佐々木耀一,渋谷 哲朗,大森 亮介,伊藤 公人,有村 博紀 
ラベル情報と構造情報の相関を用いた三次元点集合マッチングの高速化とそのインフルエンザウイルス解析への応用, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), 高山グリーンホテル, 2017年03月

長部 和仁,宇野 毅明,有村 博紀 
最適な順序付き決定木の高速発見とその文書分類への応用, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), 高山グリーンホテル, 2017年03月

高木 拓也,有村 博紀 
DAGの簡潔表現について, 第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017),高山グリーンホテル, 2017年03月

Etc.

湊 真一(監修) 
2015年度 JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト, JSPS 科研費 基盤(S)離散構造処理系の基盤アルゴリズムの研究 講究録, ISSN 2186-1846, 2016年06月

湊 真一(監修) 
2015年度 JST ERATO湊離散構造処理系プロジェクト, JSPS 科研費 基盤(S)離散構造処理系の基盤アルゴリズムの研究 講究録, CD-ROM, ISSN 2186-1854, 2016年06月

湊 真一 
私は何がしたかったのか,そしてどのように進んできたのか(レクチャーシリーズ「つながりが創発するイノベーション」第7回), 人工知能学会誌, Vol.31,No.3,pp.452-463, 2016年05月

湊 真一 
ERATO湊離散構造処理系プロジェクトのその後, LAシンポジウム会誌, Vol.68, pp.2-7, 2017年02月

Mathieu Blondel, Akinori Fujino, Naonori Ueda, Masakazu Ishihata 
Higher-order Factorization Machines, NIPS 2016: 3351-3359, 2016年07月

Takigawa,K.Shimizu,K.TsudaandS.Takakusagi 
Machine-learning prediction of d-band center for metals and bimetals, RSC Advances, 6, 52587-52595, 2016年06月

T.Ueno, T.D.Rhone,Z.Hou, T.Mizoguchi and K.Tsuda 
COMBO: An Efficient Bayesian Optimization Library for Materials Science, Materials Discovery, 4,18-21, 2016年06月

耿 暁亮, 宇野 毅明, 有村 博紀 
大規模軌跡データからの群パターン発見のための実用的アルゴリズム, 情報処理学会, 2016年6月3日授与 情報処理学会論文誌, Vol.56,No.4, pp.1292-130, 2016年06月

鈴木譲(編著), 湊真一, 石畠正和 
離散構造処理の技法と確率モデル”,”確率的グラフィカルモデル,”, 第5章, pp.125-144, 共立出版, 2016年07月

A.Terada, R.Yamada, K.Tsuda andJ .Sese 
LAMPLINK: detection of statistically significant SNP combinations from GWAS data, Boinformatics, 32(22), 3513-3515, 2016年07月

和佐 州洋,山中 克久,有村 博紀 
極大誘導木遷移問題, 情報処理学会,平成28年7月15日 第153回 アルゴリズム研究会,2015-AL-153,定山渓,北海道, 2016年07月

D. A. duVerle, S. Yotsukura, S. Nomura, H. Aburatani and K.T suda 
Cell Tree: an R/bioconductor package to infer the hierarchical structure of cell populations from singl-ecell RNA-seq data, BMC Bioinformatics, 17, 363, 2016年08月

Takanori Maehara, Hirofumi Suzuki, Masakazu Ishihata 
Exact Computation of Influence Spread by Binary Decision Diagrams, CoRR abs/1701.01540 (2017), 2017年01月

佐々木耀一(北大),渋谷哲朗(東大),大森亮介,伊藤公人,有村博紀 
正規化ハミング距離を用いた三次元点集合マッチングの高速化とインフルエンザウイルス解析への応用, 情報処理学会第79回全国大会、7ZB-01 学生セッション, 名古屋, 2017年03月