11 2017/12 01
26272829300102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31010203040506
Click セミナー
基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」

シンポジウムのご案内

基盤(S) 離散構造処理系プロジェクト 「2017年度 秋のワークショップ」

日時:2017年11月12日(日) 15:00 - 2017年11月14日(火) 12:00

会場: ホテル五味(北海道厚岸町・ JR厚岸駅前)

ご連絡

  • 発表形式は口頭発表とインタラクティブ発表(ポスター)の2種類です。 インタラクティブ発表は、2-3分程度のフラッシュトークと、ポスターセッション形式の発表を行っていただきます。 ただし、いわゆるポスターサイズにこだわることなく、ご自身のノートPC等を使っていただいて構いません。
  • 現地集合、現地解散です。 交通手段に限りが有り、また、本数も少ないため、事前にアクセス方法をご確認ください。 最寄空港は釧路空港になります。(空港-JR釧路駅の連絡バス
    • 東京からは羽田7:45発ANA便または7:55発JAL便に乗ると、厚岸11:58着のJR便に接続可能です。
    • 東京以西の各地からはまず羽田に向かい、羽田で11:25発ANA便または12:20発JAL便に乗り継ぐと、厚岸17:11着のJR便に接続可能です。(17:30までに大多数の参加者が集まると想定して合宿のプログラムを組む予定です。)
    • 帰りは12:36発のJRで厚岸を出発すると全国主要都市に当日中に帰れます。(東京または大阪にはもう少し後の便でも帰れます。)
    • 東京以外の発着点では、羽田経由の他に千歳経由が使える場合があります。ANA便は新千歳-釧路ですが、JAL便は札幌丘珠-釧路となっていて直接乗り継げないのでご注意ください。
    • 釧路空港からレンタカーを借りると1時間30分ほどで厚岸に到着できる距離です。
    • 前泊する場合、釧路駅前のビジネスホテルが便利です。札幌または千歳に前泊しても翌朝のJR特急で11:58に厚岸に到着できます。
  • 懇親会・夕食ともに、厚岸名物である牡蠣がでる予定です。 牡蠣が苦手な方は別メニューもできるそうなので事前にご連絡ください。

参加申込み (受付終了)

  • 申込み締切:10/13(金)
  • 申込先:admin [at] erato.ist.hokudai.ac.jp
  • 申込内容:
    • 参加者氏名、メールアドレス、所属
    • 参加日程 (フル参加または参加予定日)
    • 発表の御希望:有/無/未定
    • 発表有の場合発表タイトル:(未定でも可)
    • その他連絡事項 (牡蠣が食べられない等)
  • 注意事項:
    • 合宿の最大定員は50人前後となる見込みです。
    • 一部のみ参加の方は別途ご相談ください。
    • (予算に限りがありますが)旅費サポートが必要な方は別途ご相談ください。

参加費

  • 参加費内訳(税込み):
    • 宿泊費(1泊2食付き):9,800円 × 泊数
    • 懇親会費(参加者のみ):2,000円
    • 茶菓費(参加日数に依らず):1,000円
    • 13日昼食弁当代(希望者のみ):1,100円
  • 注意事項:
    • すべての値段は税込みです。
    • 宿泊費、懇親会費、茶菓費、お弁当代は受付時に現金で徴収いたします。

プログラム (仮)

11月12日(日)

開始 終了 タイトル 発表者
14:0015:00受付
15:0015:05開会あいさつ・事務連絡湊 ・石畠
15:0515:30基盤(S) 「若手研究者短期招聘プログラム」の成果報告石畠 正和
15:3015:55Online combinatorial learning with decision diagrams相馬 輔
15:5516:20非公開坂上 晋作
16:2016:35休憩(15分)
16:3517:00シミュレーションとベイズ的最適化を用いた人流誘導大塚 琢馬
17:0017:25反応経路自動探索による化学反応経路ネットワークの生成前田 理
17:2518:00基盤(S) プロジェクトの研究状況報告湊 真一
18:0019:00休憩・夕食会場準備
19:0020:30夕食
19:2019:40ポスターフラッシュトーク
20:3021:00休憩・夕食会場片づけ
21:0023:00インタラクティブセッション(1)
1A tractable class of binary VCSPs via M-convex intersection岩政 勇仁
2頂点更新に対応した完全動的グラフ連結性オラクル中村 健吾
3要素対に対しスコアの発生する厳密被覆最適化澄川 憲太郎
4文脈自由文法による構文木の集合を表現するZSDDの効率的な構築法の検討網井 圭
5k ペア間最大距離最小化: Simpath の応用鈴木 浩史
6集合の分割におけるZDDを用いた表現高橋 翔哉
7ZDDによる三角形分割パターンの列挙とその応用に向けて熊澤 輝顕
8二部部分グラフの効率良い列挙和佐 州洋

11月13日(月)

開始 終了 タイトル 発表者
9:009:05連絡事項石畠正和
9:059:30TBD有村 博紀
9:309:55機械学習モデルの列挙原 聡
9:5510:20劣モジュラ構造制約下でのスパース最適化丸茂 直貴
10:2010:40休憩(20分)
10:4011:05系統樹復元問題前原 貴憲
11:0511:30きょうだいを考慮した保育所マッチングと展開形ゲーム岩下 洋哲
11:3011:55Envy-Free Matchings with Lower Quotas横井 優
12:0013:30昼食(90分)
13:3514:00アウトリーチ活動およびオイラーパスの列挙堀山 貴史
14:0014:25色付きフロンティア法川原 純
14:2514:50ラマン分光イメージングにおける情報計測技術の展開小松崎 民樹
14:5015:10休憩(20分)
15:1015:35グラフにおけるパス詰め込み山口 勇太郎
15:3516:00恒常的スケジューリングの未解決問題河村 彰星
16:0016:25ZDDの効率的な質問学習吉仲 亮
16:2516:45休憩(20分)
16:4517:10How To Accept Virtual Evidence in Arithmetic CircuitsHei Chan
17:1017:35SeqBDD を用いた similarity join伝住 周平
17:3518:00反例列挙に基づくモデル解析について戸田 貴久
18:0019:00休憩・懇親会場準備
19:0020:30懇親会(夕食)
19:2019:40ポスターフラッシュトーク
20:3021:00休憩・懇親会場片づけ
21:0023:00インタラクティブセッション(2)
1木分解を利用したグラフ部分構造のコンパイル菅谷 輝治
2予算制約付き多腕バンディット問題における閉形式で表現可能な方策について渡辺 僚
3(Towards) Online Construction of Linear-size CDAWGs高木 拓也
4TBD高 サン
5フロンティア法による DAG の DAG への分解中畑 裕
6k-縮退グラフに含まれる支配集合の効率良い列挙とその実装栗田 和宏 
7全部分グラフ指示子に基づく非線形グラフ分類回帰横山侑政
8TBD井上 武

11月14日(火)

開始 終了 タイトル 発表者
9:009:05連絡事項石畠 正和
9:059:30再圧縮の技術に基づいた最長共通伸長データ構造井 智弘
9:309:55最適な作業領域の文法圧縮とその索引髙畠 嘉将
9:5510:20Lyndon木とアルファベットサイズ制約中島 祐人
10:2010:35休憩(15分)
10:3511:00初期化配列の追加1 bit 実装後藤 啓介
11:0011:25BDDを用いたプライバシ安全性評価の計算竹内 聖悟
11:2511:50非公開西野 正彬
11:5012:00閉会あいさつ湊 真一
12:3713:18厚岸→釧路
15:0315:51厚岸→釧路
17:5618:51厚岸→釧路

参加者予定者リスト(仮)


代表・分担研究者
湊 真一北海道大学 情報科学研究科
宇野 毅明国立情報学研究所
堀山 貴史埼玉大学 理工学研究科
有村 博紀北海道大学 情報科学研究科
プロジェクトメンバー
石畠 正和北海道大学 情報科学研究科
Hei Chan北海道大学 情報科学研究科
渡辺 僚北海道大学 情報科学研究科
高木 拓也北海道大学 情報科学研究科
高 サン北海道大学 情報科学研究科
鈴木 浩史北海道大学 情報科学研究科
栗田 和宏北海道大学 情報科学研究科
横山 侑政北海道大学 情報科学研究科
熊澤 輝顕北海道大学 情報科学研究科
渡辺 幸恵北海道大学 基盤(S)事務局
齊藤 彰北海道大学 基盤(S)事務局
参加者(申込順)
喜田 拓也北海道大学 情報科学研究科
井上 武NTT 未来ねっと研究所
小松崎 民樹北海道大学 電子科学研究所附属社会創造数学研究センター
前原 貴憲理化学研究所 革新知能統合研究センター
安田 宜仁NTT コミュニケーション科学基礎研究所
西野 正彬NTT コミュニケーション科学基礎研究所
相馬 輔東京大学 情報理工学系研究科
坂上 晋作NTT コミュニケーション科学基礎研究所
中畑 裕奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
後藤 啓介富士通研究所
和佐 州洋国立情報学研究所
中村 健吾東京大学 情報理工学系研究科
伝住 周平東京大学 情報理工学系研究科
中島 祐人九州大学 システム情報科学研究院
澄川 憲太郎東京大学 情報理工学系研究科
原 聡大阪大学 産業科学研究所
丸茂 直貴NTT コミュニケーション科学基礎研究所
戸田 貴久電気通信大学
岩政 勇仁東京大学 情報理工学研究科
大塚 琢馬NTT コミュニケーション科学基礎研究所
山口 勇太郎大阪大学 情報科学研究科
菅谷 輝治北海道大学 情報科学研究科
吉仲 亮東北大学
前田 理北海道大学 理学研究院
高橋 翔哉北海道大学 工学部
網井 圭京都大学 情報研究科
岩下 洋哲富士通研究所
瀧川 一学北海道大学 情報科学研究科
高前田 伸也北海道大学 情報科学研究科
川原 純奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
斎藤 寿樹九州工業大学
竹内 聖悟東京大学 新領域創成科学研究科
河村 彰星九州大学
髙畠 嘉将九州工業大学
井 智弘九州工業大学 若手研究者フロンティア研究アカデミー
横井 優国立情報学研究所